# 初期の離乳食に必要な知識

離乳食 @ 14 7月 2015

赤ちゃんへ初めての離乳食をあげる日は、体調が優れている日、機嫌が良い日を選び、平日のAM中でなければPMの早い時間がよいです。けれども、たんぱく質の食材の場合アレルギーが出る畏れのあるものが多くありますので、注意を払う必要があります。ここまでスムーズに離乳食を進めてこられたら、お粥をパン粥に変えてみたり、沿うめんやうどんなども与えてみましょう。野菜の場合もおかゆと同じで、こさじ1から与え始めます。
離乳食を開始指せて2~3週間たったら、今回は豆腐やしらす、タラやカレイのような白身の魚などのたんぱく質が豊富に含まれるものをあげてみて下さい。

これは万が一食べ物に対して食物アレルギーの症状が確認され立ときに、即病院へ行くことができるためです。
初めて与える離乳食は10倍粥を丁寧にすり鉢でつぶしたものをこさじ1与えましょう。
赤ちゃんが5か月または6か月を過ぎたら離乳食の始め時です。大人の食べているものに興味をもってよだれをだしたり、口をもぐもぐと動かして食べているような動作をするようであれば始めましょう。

Comments are closed.