# 女性ホルモンと頭頂部の抜け毛、さらに男性AGAとの関係

女性用育毛剤 @ 22 12月 2015

それまで、女性の薄毛は、髪の毛のサイクルが原因のびまん性脱毛とされてきました。

けれども、最近は、女性も男性型脱毛症のAGAが増加していることが確認されているのです。女性にも男性ホルモンが備わっていますが、更年期の後、女性ホルモンの量が減少して体のホルモンバランスがおかしくなってしまって、その余波で、女性もAGAになってしまうのです。育毛剤でフサフサに増やすと気軽にいいますが、頭皮に栄養分を吸収させるとか、血行を促進する、男性ホルモンの脱毛を促してしまう成分の発生を抑えるとか、たくさんの方法があるのです。とはいえ、育毛剤は育毛のプロセスに考慮して開発されているため、心配なく使えます。髪にやさしくするよりも、それを生み出す「根底」ともいえる頭皮の手入れのほうに力を入れることが大切です。
毛穴が汚れで詰まると、薄毛や抜け毛といった症状の原因にもなることがあります。

また、髪だけをいくら丹念に洗っても、頭皮が不潔だと、炎症を起こしてフケが増えたりします。

育毛剤を使用してみると、有害な作用があるのかというと、配合成分が強力であったり、濃さが高かったりすると、トラブルが起きることがあります。

使用方法を誤った場合にも、悪い変化が起こる恐れがあるでしょう。使用上の注意点に目を通してから使い、トラブルが起きたら、直ちに使用をやめてください。先日たまたま見ていたテレビ番組で、まだ年も若いのにAGAで困っている男性のドキュメンタリー形式の植毛レポートを見ました。番組の途中まではけして安くない費用を投じてまで増毛したいと希望したいものなのかな?と否定的に感じる部分もあったのですが、あくまでご本人は満足そうなので、あって当たり前だったけれど髪の毛はやはり大切なんだ、と考え直したのでした。女性の場合は頭頂部が薄毛になりやすいということですが、男性の場合はM字ハゲなどいろいろな種類があるのです。

男性のハゲは年をとるとともに発生する。

ないことも無いと承知して腹をくくっていました。
しかし、最近では、ハゲではなく「AGA(男性型脱毛症)」と言われて、治る症状ということになっています。
それでも、薄毛の直接の原因はAGA以外にもあり、他のきっかけで、髪が抜けているのならば、治せないこともあるそうです。育毛によいとされる漢方薬もあることはありますが、その効果を実感できるようになるまでは時間がかかることが多いのです。

人それぞれの体質に合うように専門家に処方してもらわなくてはならないということがありますし、その使用を毎月続けなければならないとなると、購入費用も大きくなり、負担がかかります。

漢方薬は一般的に副作用が起こりにくいとされていますが、飲み続けることができない人もたくさんいると聞きますので、少なくとも半年以上の服薬を継続するという覚悟で飲むのがよいと思います。

育毛ならば海藻、そう連想されますが、海藻だけを山のように食べても育毛成功、とはならないのです。

ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、プラスの効果を育毛に与えますが、ただそれだけで育毛が促進したり、生えてきた、なんてことはないのです。育毛したいならば、亜鉛、鉄分、タンパク質などの、栄養素が多様に必要なのです。

Comments are closed.